今から考えておく「終わり方」


前回はペットと過ごす老後の暮らし、について書いた。
今回は遺言書について。
散骨に関しては少し離れるが、参考にして頂ければ。

遺言書は生きているうちに
「遺言書なんてまだまだ先のことだし」「遺言書を書くほど財産はないから遺言書なんて・・」と思う人もいるでしょう。
しかし、いつなにが起こるか解りません。仮に少ない財産であっても、遺族が相続争いになるこてはしばしばあります。そうならない為にも、遺言書は何かあってからではなく、今のうちに準備しておいて損はありません。

遺言書はどんな形式で書くのか?
遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つの種類があります。
・自筆証書遺言
自筆で書く遺言書のことです。本文、日付、氏名を自分で書いて最後に印鑑を押します。
・公正証書遺言
遺言者が遺言の内容を公証人という役人に伝え、公証人がこれを書面化します。
・秘密証書遺言
遺言者が署名と捺印を入れて封印した遺言書を公証人が証明して作ります。

とにかく簡単に遺言書を作りたいという人には、自筆証書遺言がお勧めです。
これは全て自筆で書いたもので、パソコンなどでは無効となります。費用がかからないので手軽に作成出来ますが、遺言書の存在に気付かれなかったり偽造されたりする危険があります。
遺言書として確実に残しておきたなら「公正証書遺言書」が安全です。公証人という遺言書のプロが作成する為、無効になったり偽造されたりする危険性が少ないものです。
公正証書遺言は、証人の前で読み上げられるため、その内容は遺言書の証人に知られます。「遺言は確かなものにしておきたいけど、その内容は誰にも知られたくない」という場合は「秘密証書遺言書」がいいでしょう。

遺族がもめない相続対策も
遺産の分割割合は、遺族の関係によって変わります。子供がいれば、財産は子供達で全て相続出来ますが、子供がいない場合には、両親や兄弟姉妹にも相続の権利が生じてきます。

法律では相続割合が決められていますが、実際は法律のとおりに分けるケースばかりではありません。
親の立場から言うと、子供達や兄弟姉妹が遺産をめぐってもめる事ほど悲しいことはないでしょう。
遺産像族については、遺言書できちんと遺しておきましょう。

コメントは停止中です。

オフィシャルサイトに戻る