散骨は違法ではない


墓地並びに埋葬に関する法律は、「墓地、埋葬等に関する法律」と「遺骨遺棄罪」刑法190条の二つがあります。
法務省では、散骨に対して「節度をもって葬送の一つとして行われる限り、違法ではない」という見解が認められている。

「墓埋法はもともと土葬を対象にしていて、遺灰を海や山に撒く方法は想定しておらず対象外で、自然葬を禁じた規定ではない」

最近では粉末化だけの依頼も増え、自分達で散骨をする方も増えてきた。
「自然葬に理解のない場所」では散骨の行為や、痕跡が人目につかないこと、そして私有地では許可を取る事が大事。

ビーチで撒く
橋の上から撒く
観光船から撒く
他、様々なことが考えられるが。これらはもちろんダメな事である。

重要な原則を無視して、散骨に対する世間のイメージや認識をダウンするようなことが起きれば、法律で規制される可能性もなくはない。

コメントは停止中です。

オフィシャルサイトに戻る