お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2002年2月

2002/02/25 散骨への質問と答え
2002/02/21 2月の合同散骨、無事終了
2002/02/03 2002年2月4日号「アエラ」より

2002年2月25日

散骨への質問と答え

(質問)
家族のなかに散骨に対するイメージを悪く持ち、強硬に反対する者がいるのですが、説得をするにあたり、協力して頂くといったことは可能でしょうか?
もし、そういった業務をされていましたら、具体的にはどのような方法がありますか?

(答え)
「散骨」は「葬儀」とちがい、決して急いで行う必要はありません。根気よく、少しづつ説得していくのが良いでしょう。有名人などの前例や世間一般のデーターなど、具体的に分かり易く話してみてください。そのお手伝いはこちらでもできますので、お電話などでご相談ください。しかし、どこにでも宗教や慣習的に絶対反対の方もいます。その場合、分骨にさえ賛成してもらえれば、それぞれのやり方で供養できると思います。

▲上へ

2002年2月21日

2月の合同散骨、無事終了

今日、南の風2M/S、快晴の中「合同散骨」を終わらせることが出来ました。若干のウネリはあるものの波が無かったので、航程も延ばし、いつもの散骨海域よりも沖を目指しました。今回、「ジャズ シンガー」だった方のご遺骨があり、「ビリーホリデイ」の曲を船内に流しながら、散骨海域まで行きましたが、ご遺骨を海にお還しするときに、機械の調子で歌が止まってしまったのは少し残念でした。故人は、赤いバラの似合う方だったのでしょう、参加された方がお持ちになった花びらが海の上で印象的でした。そして暖かかったせいか、水平線は霞がかかり、その上に真っ白な富士山も見ることが出来ました。あまりの海上の好条件に帰路、油壺により、浦賀の母港に戻ってからも、湾奥の住友重工のドックの近くまで足を伸ばし、修理入港中の大型護衛艦、潜水艦をすぐ近くで見物し帰港しました。散骨に参加された方たちが暖かい日差しの中、美味しそうにビールを飲んでいました。

▲上へ

2002年2月3日

2002年2月4日号「アエラ」より

アフガニスタン暫定政権議長ハミド・カルザイ氏が大きく表紙になった「アエラ」に興味深い記事が出ていたので紹介したい。
「静山社」社長の松岡佑子さんを扱った記事である。
空前の大ヒットとなった「ハリー・ポッター」シリーズを出版した会社の社長として、紅白歌合戦の審査員にもなった有名人だそうだが、予備知識は全然なかった。彼女の夫であった松岡幸雄氏は、1997年のクリスマスに逝去。同時通訳の仕事をしながら、赤字だらけの出版社も引継ぎ、ロンドンで「ハリー・ポッター」に出会ったというわけだ。
子供のいない彼女は、亡き夫の遺骨を3つに分け、その1つは、彼の大好きだった故郷の海へ、そしてもう1つは自宅に、そして残りは、彼女の旅行先の素敵な場所、例えばペルーのマチュピチュやタイのプーケットなどに少しづつ撒いていて、そのためにいつも遺灰を小さな巾着袋に入れて持ち歩いているという。そして、いよいよ自分も死んだら、愛犬の骨と残してある遺骨を一緒に葬ってもらうつもりだと言う。
とても素敵な話だと思った。同世代として非常に共感できる。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月