お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2007年8月

2007/08/31 夏の終わりに
2007/08/15 結果より経過

2007年8月31日

夏の終わりに

昨日を含め3日間、東京渋谷にて「自分らしい葬送」を考えるシンポジウムが行われた。

私たちも海洋散骨に関する講演を頼まれ、昨日「海洋散骨の実際」についてお話しした。来場者は、3日間で述べ100人を超す程度であったが、新しい葬送に熱心に取り組んでいらっしゃる業者の方たちとお会いできたことは、非常に有意義であった。

その中で、魅力的な僧侶の方にお会いした。彼は、千葉のいすみ市で樹木葬を始められた方で、日本に里山を増やしたいという思いを持っていらっしゃる。
従来の僧侶のイメージとは違う、権威や威厳とは別世界のざっくばらんで、人間味に溢れ、とても誠実そうな人だった。

同じ自然葬においても海、山と選択肢があり、私たちも彼のところを1度見学し、里山での樹木葬も是非ご案内したいと思った。

▲上へ

2007年8月15日

結果より経過

今年の夏は、個人的に異常な忙しさが続き、今、やっと一段落、と思ったらぎっくり腰になり、風邪もうつってしまった。

散骨の仕事も忙しいのだが、一人で何役もやっているので、本当に休む暇もなかった。いろいろ日誌に書きたいこともあったが、書けないまま今日まで来た。

放送大学の科目試験を、この歳で10科目もとるのは、無謀だと思いながら臨み、それも夏の忙しい盛りに、恒例のイベント『ジャズ・フェスティバル』や本の出版のトラブルなどとても勉強どころではなく、記憶力の衰えに集中力の減退、思考も鈍り、最悪のコンディションながら、どうにか10科目クリア。

良い成績を残したいという望みも、今は、Cでもいい、単位が取れればという心境だ。

忙しいスケジュールの中、大宮まで面接授業に通う予定が、急にぎっくり腰になり、欠席を余儀なくされた。でも、少し休みなさいというサインかとも思った。それでも2日後の仕事に備え、近隣の整形外科を片っ端から探し、注射を打ってもらう。木曜日は整形外科の休みが多く、おまけに夏休みなのだ。

この仕事も体が資本、コルセットを巻いて、仕事もクリア。しかし猛烈な暑さで、コルセットは辛い。

そして、いよいよ本題だが、散骨は自然相手で、天候に左右されるのは、勿論だが、いろいろな条件が重なるので不測の事態も発生しやすい。だから、当日良い結果に終わらないことも時々ある。しかし、それも計算に入れ、人為で何とかできることは、できるだけ最善を尽くすのだが、結果が伴わないこともある。

以下は、私のぼやきだが、「真夏に桜吹雪」のテーマは、見事に失敗してしまった。桜にこだわっていらしたAさんのアイデアは、バラの花びらを桜に見立てるというものだった。私もそれなら出来ると思い請け負ったが、天気の関係で確実に実施が決まるのは前日である。

花の予約ができず、前日に何軒も花屋を回ることになる。それでも確実にあるとは限らないので、3日前から薄いピンクのバラを見つけては、無駄になるかもしれないのを覚悟で買い集めた。

しかしその時点で、お盆の時期だけに花屋の仕入れは、菊やりんどうというお墓参りの花中心で、バラは少なかった。そして悪いことに金曜日であるから、もう月曜まで花の入荷はないという店がほとんどだった。

私は、桜のイメージということにこだわり、ソメイヨシノの色に近いバラを探したが、それは皆無で、何とか薄い色や白に近いものを大小、大きさに関わらず購入した。カーネーションの方がイメージに近い色があり、それもとりあえず買う。

そして、当日、初めて花びらにする作業。開き切った花は楽だが、蕾や小さいスプレーバラは大変だ。そして花びらにしてみて驚いたのだが、バラの花の色は、実に複雑だった。一見薄い淡いピンク系に見える花が、バラバラになると付け根のあたりが、黄色ぽかったり、微妙に黄色系が混ざっていたり、全体がかなり黄色がかってしまった。

カーネーションは、花びらにすると花弁がしぼんでしまい貧弱になるのと、バラだけが良いという希望もあり使わなかった。

海に浮かんだ花びらは、とてもきれいではあったが、太陽の光でますます黄色身を帯びて見え、Aさんのこだわりも気持ちを思うと本当に残念で心残りだった。この日は、素晴らしいブルーの空、ほぼ無風、波もフラット、花だけが悔やまれた。

しかし、長年この仕事をしてきて思うのだが、故人の弔いとは、セレモニーの結果ではなく、そこに至るプロセス、いかに皆が故人を思い、故人のためを思い試行錯誤し、実行したかなのだと思う。それが一番大事なことだと思う。結果は、どうしても偶然の事態に左右されてしまうのだから。でも、もちろんベストは尽くすのだ。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年09月
2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月