お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2008年10月

2008/10/11 伊豆大島での散骨

2008年10月11日

伊豆大島での散骨

去る7日、伊豆大島での散骨が無事終わった。

沖縄や新島、式根島、八丈島などでは、過去に何度か実施しているのに大島は初めてであった。東京から一番近い島であるのに。しかし、その近さが以外に曲者かも知れない。飛行機で30分、高速船でも2時間位の場所で、日帰りも可能だ。でも、その交通機関は脆弱で、天気に弱い。強い雨で飛行機が欠航してしまったりする。

今回も最初の予定は6日だったが、前日の夜に1日延ばすことになった。6日の朝の飛行機は、大島上空まで飛び、着陸出来ず羽田に引き返したそうだ。ご遺族も日帰りの予定を変更し、大島に1泊なさった。

40歳の旦那様を亡くされた奥様と子どもたち、そのご両親の5名である。その日が丁度一周忌だったのだ。

そして7日。青く澄み切った空、秋の雲がきれいなさわやかな日となった。歌などで有名な波浮の港を昼頃出港した。波も大分治まり、この時期でも飛び魚の数が凄い。

素晴らしい海の藍さである。明るくアクリルの様な、濃い本当のマリンブルー。こんな色を見たのは久しぶりである。沖縄の海の青さとも黒潮の蒼さとも違う。一見透明度が感じられないほど濃いブルーでしかも明るく濁りがない。水彩でも油絵でもない滑らかな質感の青。悲しいけれど悲しさを感じさせない青。その青に故人の好きだったお酒と刻まれた手紙が溶けて行く。色とりどりの花々が想いを乗せて、大きなうねりの波にしばし漂う。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月