お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2011年1月

2011/01/25 昨年10月に茨城県大洗でお母様の散骨をなさったKさんからお手紙
2011/01/07 愛猫の散骨
2011/01/04 12月5日の合同散骨3

2011年1月25日

昨年10月に茨城県大洗でお母様の散骨をなさったKさんからのお手紙

昨年10月に茨城県大洗でお母様の散骨をなさったKさんからお手紙を頂きました。
Kさんは2004年にお父様も大洗の海に散骨されていて、その時は、お母様もお元気でした。そのお母様からも前にお手紙を頂き、掲載させて頂きました。今回は、Eメールも頂いているので、その抜粋も併せ載せさせて頂きます。

 東京や神奈川も寒さの厳しいことと思います。
 お変わりありませんか? お便りが遅くなり、申し訳ありません。
 父と母の散骨に関しましては、大変お世話になりました。父や母が望むようにとり行なえたこと、また北田さんご夫妻のあたたかな人柄に出逢えたことに感謝しております。
 散骨後、私は福島で、妹はアメリカで元気に過ごしております。誰もいなくなった実家には2ヶ月に1度くらいしか帰れませんが、その度に両親のことを思い出し、淋しい気持ちになります。親の愛情は、はかり知れないほど大きいですね。
 9月の末、母の遺骨をとりに来ていただいた雨の日のことは、とても印象に残っています。はじめてお会いしたお二人のあたたかさに、安心して任せることができました。
 この冬は会津は大雪となり、店の前の駐車場には雪が積もり、外が見えないほどです。雪かきもかかせません。その分、雪国の春は、都会の春とは比べものにならないくらいに生き生きと、喜びに満ちています。機会がありましたら、どうぞお越しください。では、お体に気をつけて。

<Eメールの抜粋>

散骨に関しては、さまざまなご苦労もあるのでしょうね。
多くの方に理解され、亡くなった方が思い描いた通りの最後を迎えられることを願ってやみません。
私たちも、父が亡くなった際に、叔母に「本当に(散骨で)いいの?」と何度も念を押されながらも、生前に父が望んでいたことだからと散骨を選んだのですが、その後叔母には、「本当に散骨ができてよかったわね」と言ってもらいました。すでにお墓を持つ本家である人たちは、散骨にしたくてもそれが難しい事情をかかえ、悩んだりするようです。
北田さんご夫妻と出会うことができ、父母が思った通りに散骨することができて、私たちも心が落ち着きました。改めて感謝申し上げます。

▲上へ

2011年1月7日

愛猫の散骨

12月に愛猫の散骨をご相談頂いたSさんから昨年末お手紙を頂きました。
私たちもグリを亡くして一年、彼女の手紙は身に詰まされました。

寒さが厳しくなってまいりましたが、毎日お元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
先日は、大変勝手で急な取り止めのお願いに快くご了承下さり、ありがとうございました。ご迷惑をおかけしして、本当に申し訳ございませんでした。

海(カイ)は私の生きるエネルギーの源でした。無味乾燥のコンピュータに1日向き合う殺伐とした職場へ通う、たった一つの原動力、生きがいでした。夏に発作をおこして以来、一気に具合が悪くなった海を置いて仕事へ向かい、神様に祈りながら、家のドアを開ける日々でした。
私のために、海はがんばり続けてくれました。20才という高齢まで生きてくれている海に感謝をしているつもりでも、それに満足せず、もっともっと生き続けてほしいと自分勝手な願いを押しつけて、苦しい思いをさせてしまいました。ただでさえ具合が悪いのに、延命措置でしかない点滴を毎日毎日続けて、痛い思いをさせました。亡くなる日の朝も、嫌がる海に無理やり、流動食を口に入れ苦しめました。

今もずっと悔やんでいます。海がそうしてほしくないと思っているのも判ってはいるのですが。
今は、苦しみから解放されて、楽になっていると願っています。そして早く、家に閉じ込めずに自然に帰してあげたいと思っています。
でも、もう少し、胸に抱きしめて、話す時間を取っておきたいと思います。そして、そうしなくても、いつでも海と話ができるようになった時、元気な時の楽しかった思い出がほとんどになった時に、すべてを散骨したいと思っています。

北田様と数回でしたが、電話でお話をさせて頂き、とても信頼のできる、理解し合える方と感じました。
今も、海の散骨は是非北田様にお力をお借りしたいと思っております。バンクーバーに行かれる前に自分の心の整理が間に合えばいいと思っています。
これからもHP拝見させて頂きます。いつかお目にかかりたいです。

お口に合うか心配ですが、心ばかりの物をお送りさせて頂きます。一時でも、心の安らぎを下さった北田様に心から感謝しております。ありがとうございました。今年も残すところあとわずかになりました。
来る年が北田様にとって、素晴しい年になりますよう心からお祈りしております。

▲上へ

2011年1月4日

12月5日の合同散骨3

12月5日の合同散骨に仙台からいらして参加されたTさんからお酒とお手紙を頂きました。Tさんのお母様は献体をされ、遺言によりお嬢さんが散骨なさったのです。

拝啓 この度の母の散骨では大変お世話になりました。
要領を得ない私との電話でのやりとりから、横須賀での遺骨受け渡しの際の打合せ、散骨当日、後日の写真・証明書の送付までと、大変丁寧に対応いただき、心から感謝しております。
特に当日は他の御家族の方との合同散骨と言う事もあり、船酔いで迷惑をかけることはないかなど緊張での出航でしたが、北田様御夫妻とスタッフの方の温かな眼差しと細やかな気配りの中、穏やかな気持ちで母を見送る事が出来ました。
“風”北田様御夫妻の会社にお願いして本当に良かったと、心から思っております。
有難うございました。
心ばかりのお礼の気持ちとして宮城の地酒を送らせていただきました。是非、ご賞味下さい。
お世話になりました。ご健康とご活躍をお祈りしております。
 かしこ

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年10月
2017年09月
2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月