お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2011年9月

2011/09/25 8月29日にご夫婦でお父様を散骨なさったSさんのお手紙
2011/09/20 8月20日にご両親を散骨されたEさんのお手紙(難しい天気で、前日に延期を決めたものの当日は予想外に良く、急遽連絡し決行になった散骨です)
2011/09/14 7月24日 相模湾三戸浜沖に、学生時代ヨット部にいらした旦那様を散骨なさったYさんからのお手紙
2011/09/02 7月25日に98歳のお母様を海洋散骨なさったHさんのお手紙

2011年9月25日

8月29日にご夫婦でお父様を散骨なさったSさんのお手紙

拝啓
まだまだ残暑が厳しく体調管理が大変ですが、主人と二人何とか元気に過ごしております。
過日は、天候が定まらない中、無理を申し上げ散骨をお願い致しましたが、運良く波の多少静まった時間帯に供養できました事、大変嬉しく感謝いたしております。
主人は思いのほか感動致しておりまして、「良かった! とても良かった!」を連発いたしておりました。
私も十数年ぶりの思い出深い葉山マリーナ、逗子マリーナを訪れる事が出来、場所の変更(三崎港乗船の予定を波が高かったため、浦賀のマリーナから乗船へ前日に変更)は、父からのプレゼントだったのかも・・・などと思っております。
5月31日に母が亡くなり、納骨し、お寺さんで預かっていただいていた父の遺骨も無事に散骨し、一人娘の役目は、果たせたのかなとホッとしております。

次回またいつかお目に掛かれるかわかりませんが、主人共々、是非是非お休みを取って、父との間に出来ました新しい思い出の場所を訪れたいと心から思っておりますので、その節には、お世話になると思います。どうぞ宜しくお願いいたします。
乱筆乱文にて失礼いたしました。             敬具

▲上へ

2011年9月20日

8月20日にご両親を散骨されたEさんのお手紙(難しい天気で、前日に延期を決めたものの当日は予想外に良く、急遽連絡し決行になった散骨です)

前日の荒天が嘘のように穏やかで涼しい朝、「散骨日和なのに延期とは残念」と話しあっていたところ、「出航します」との連絡をいただき先ずもってホッとしたというのが正直な気持ちでした。
浦賀マリーナの賑やかで楽しげな雰囲気、乗船のヨットのスマートさ軽快さのおかげで、半ば観光気分で出航。
父母ともにワイワイガヤガヤが好きだったので、きっと一緒に楽しんでいるだろうと勝手に解釈。湿っぽさが無く和やかなムードを創っていただきありがとうございました。散骨そのものも、思っていたより拡散のスピードと広がりを感じました。
お送りいただいた証明書により、散骨地点は「野比と金谷を結んだこの辺か」というも特定できます。自宅からも遠くないので、眠っている(泳いでいる?)両親に会いに行くことも難しくはなく、良い場所を選んでいただいたなと感謝しています。
美しい花々に囲まれ、好きだった映画音楽に送られて新たな旅に出発していった両親ともども、厚く御礼申し上げます。

▲上へ

2011年9月14日

7月24日 相模湾三戸浜沖に、学生時代ヨット部にいらした旦那様を散骨なさったYさんからのお手紙(了承を頂いてから掲載が遅れておりました)

 酷しいお暑さが戻ってきましたが、如何がお過ごしでしょうか。
お伺い申し上げます。
 この度は、大変お世話さまになりまして、誠にありがとうございます。
細やかなお心づかいを多々頂きまして、お蔭様で良い別れの会が出来ました。
心配しました海の荒れもなく、穏やかな日和に恵まれて故人の希望通り、見送る事が出来ましたことをありがたく、家族一同深く感謝申し上げます。
 私も当初はこの様な形で果たして良いのか少し迷いましたが(我々世代では周囲の人の理解は仲々容易ではないように思えます。)三人の子供とその家族一同が、後押ししてくれたのが、この様に満足のいく見送りの式がとり行えた事につながります。
 北田様のおっしゃる様に彼の魂は今頃どの辺を旅しているのかしら、と想像して居ります。それともまだ湘南の海から私共を見守っているのでは・・・とも。
一段落したこの頃は、40数年間の色々を想い出す、かえって淋しさの増す辛さがありますが、家族や友人、知人の励ましを頂いて、故人の分まで一日一日大切に生きて行きたいと思って居ります。
 孫達も来年もと言って居りますので、又お願いするかもしれません。彼等にも良い経験になったと確信して居ります。
 末筆ながら、良い写真を沢山お送り下さいましてありがとうございました。淡い青色に光ながら海に入っていった光景が忘れられません。
 残暑の折、お大切にお過ごし下さいませ。御礼まで。     かしこ

▲上へ

2011年9月2日

7月25日に98歳のお母様を海洋散骨なさったHさんのお手紙

拝復   
先日は、丁寧なお手紙と写真、証明書をご送付下さり、有難うございました。
皆様の心のこもった御支援により、故人を無事、海洋にて埋葬を終え、安堵しています。
大正、昭和、平成と、ある意味で激動の時代を98年間生き抜いて来た母の永遠の世界への旅立ちに立会うことが出来たという思いです。
私の世代はともかく、孫子の世代にまで、お墓や位牌の管理を託することに躊躇を感じ、海洋葬を望んだ次第ですが、遺影を並べて「海洋葬実施証明書」を置いて、改めてこれで良かったと考えています。
何年先になるか判りませんが、いずれ私の海洋葬実施証明書が、そこに加わればよいと思っているところです。
末筆になりましたが、御社の一層の御発展を心より祈念しております。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月