お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2004年8月

2004/08/31 駿河湾はペールブルー、ジャズとお経で
2004/08/23 小さな命の大きな存在・・・7(委託散骨)
2004/08/23 小さな命の大きな存在・・・6(委託散骨)
2004/08/21 小さな命の大きな存在・・・5
2004/08/19 小さな命の大きな存在・・・4(可哀想すぎて・・・3)
2004/08/19 小さな命の大きな存在・・・3(委託散骨)
2004/08/19 小さな命の大きな存在・・・2
2004/08/19 小さな命の大きな存在・・・1(可哀想過ぎて・・・2)
2004/08/13 可哀想過ぎて・・・1
2004/08/12 暑い、あつーい真夏の一日
2004/08/11 荒川区のSさんからの絵手紙
2004/08/11 Yさんからのお便り
2004/08/11 トリッキーな台風10号の進路
2004/08/01 明るさに秘めた悲しみ・・・3

2004年8月31日

駿河湾はペールブルー、ジャズとお経で

今回は、清水での初めての散骨である。亡くなったMさんは、海で小さな魚を捕り水槽で飼うのが好きな人であったが、働き盛りに亡くなってしまった。その一周忌が済んで、先週ご遺骨が海に還された。

奥様は一年間、本当に大変だったことと思うが、旦那様の遺志に沿い、散骨を実行された。本当は小魚の群れる、沖縄の海で為さりたかったようだが、人数も当初の予定では多く、集まるのも困難なので、予めご家族だけで、一部はすでに沖縄で散骨されたそうだ。

会社を経営していらした旦那様の突然の死は、混乱とともに多くの人を集める。
でも一年経ち、一周忌の法要の後で、日程も都合の悪い人が増え、親戚などが集まって、僧侶の方もお願いして、地方からのアクセスが良い、新幹線が使える清水で行われることになった。

本当に今年は、台風の接近、上陸が多い。地元での散骨も天候は気がかりだが、母港以外での散骨は、更に心配である。しかし、運良く台風と台風の狭間に当たり、曇りではあったが、海上穏やかでほっとした。早朝見えていた富士山は、生憎雲の中となったが、右手には、羽衣の三保の松原が見渡せる。

清水はヨットの盛んな所で、ここから海外に出て行く人も多い。私たちにとっても馴染みの海である。十数年前、夜遅くヨットで駿河湾から清水港に入ったことがある。エンジンにトラブルでセイリングで入った。三保内浜沖にアンカリングするつもりだったのだ。

灯台の灯りを見ながら、航路を入っていくが、町を走る車のヘッドライトや、家の明かりがまぶしく、おまけに信号の青いライトが灯台と紛らわしく、夜間の入港に苦労した思い出である。しかし、人々が皆親切で、随分お世話になりそれ以来友人も多い。

久しぶりの駿河湾は、沿岸は灰緑色だが、沖に行くにしたがって、薄いきれいな水色になる。いろいろ日本の海を見てきたが、こんな色はとても珍しい。沖縄などのサンゴ礁の海とは違う、いわゆるクレヨンの水色を少し薄めた色だ。

今回は、故人が好きだったジャズ、「テイク・ファイブ」をお流しするのだが、お経もあり、その兼ね合いに悩んだ。結局、Mさんの奥様と相談し、読経の間に、ご焼香代わりに水溶紙に包まれたご遺骨を、1人づつ海に還し、その後ジャズが流れる中、献花、献杯をすることになった。

僧侶の方がお乗りになるのは、大阪湾の散骨以来で2回目である。船上のことゆえ、お経は極力短くして頂き、全員が船酔いもなく無事に終えることができた。

▲上へ

2004年8月23日

小さな命の大きな存在・・・7(委託散骨)

航君のお母さま、Kさんから以下のメールを頂ました。

 

HP掲載の件、承知いたしました。 散骨に関心をお持ちのどなた様か検索で辿り着いたページの記事がきっかけで 励まされること、救われることなどあると思います。 私のいたらない経験でも、誰かのお役に立てるのでしたら幸いです。

 

残暑お見舞い申し上げます。いつも、メールばかりですみません。
本日お手紙戴きました。また、泣けてきちゃいました・・・

航は、ちっちゃな遺骨でしたが、ちゃんと供養もしていなくて、たぶん、私の中では存在が相当大きかったんだと、怖くてたまらなくなる日もありました。

思い切ってメールをしてみてよかったです。快く散骨をお引受け下さり、ほんとうにありがとうございました。

8月9日の合同散骨の日は、朝から晴天でほっとしておりました。航を亡くしたのも同じ8月9日でした。ホームページの「風のアルバム」を拝見してまして花篭 の儀式にあやかって、前日の日曜日、近所で野草を摘み自宅でささやかに船の無事を祈っておりました。

自然が、あまりに偉大におもえて、それがちょっと怖くて、自分の悩みなんてちっぽけなものだと感じてしまいます。

いま、私は生きていることがとても楽しいです。そのうち三浦海岸へ行かなければ、と思っています。

しっかりしなくっちゃ・・・。

▲上へ

2004年8月23日

小さな命の大きな存在・・・6(委託散骨)

弊社カウンセラーから、航君のお母さまへの報告の手紙です。

 

拝啓
この度は、弊社をご利用戴きまして、誠に有難うございました。8月9日に無事、航様のご遺骨を海にお還し致しましたので、ここにご報告させていただきます。

当日も連日の猛暑厳しく、強い夏の陽射しと澄み渡った青空の下、南風やや強く吹く中、午前10時半に三浦半島金田湾の沖合いにて、航様の海洋葬が行われました。

音楽は『くるみわり人形』より、行進曲をお掛けし、ひまわりの花を始め、トルコ桔梗、バラ、カーネーションなどをご遺骨と一緒に海にお還ししました。お母様がご用意されたマシュマロやボーロ、ミニチュアバイクなどもご一緒に、そしてりんごジュースをお捧げしました。

今夏は、例年になく黒潮が相模灘の近くを流れ、その支流も東京湾に入り込んでいるため水が非常に綺麗でした。澄みきった藍色の水は、東京近郊とは思えない美しさで、その流れはやがて世界中を巡り、浄化され空気となって戻ってきます。

機会がありましたら、三浦海岸を訪れて、海岸から沖を見渡し、航君を偲んで頂ければと思います。

では、K様のご健康とお幸せをお祈りして失礼いたします。
                     敬具

追伸
航君のご遺骨は、本当に少なくて、お写真の中では分らないと思いますが、ピンクのバラが添えられた包みが、花々の中に埋もれております。

▲上へ

2004年8月21日

小さな命の大きな存在・・・5

Tさんから、メッセージを頂きました。

 

死んでも埋めないで。

私が先に逝けば夫が、夫が先に逝けば私が散骨する。日頃から夫とこんな話をしていました。でも私達にとって散骨はずっと先の話だと思っていました。

ところが、お腹にいたチビが私達より早く逝ってしまうことに。立夏を過ぎた頃でした。秋分の頃、産まれる予定だったのに。

私達のどちらかが散骨されるときまで手元に措くつもりでした。小さなチビを一人散骨するのはかわいそうで。しかし日が経つにつれ、「骨壷は狭すぎる、チビを広い世界に出してあげたい。いつまでも閉じ込めていてはいけない」と。

散骨場所は直感的に海。私のお腹の中と同様、チビがぷかぷか浮かぶことのできる海。たくさんの仲間が溶け合う海。厳しいけれど全てを受容する海。

チビは私達の手から海へ。花にかこまれ、静かに、青く透明な海に受入れられていくチビ。穏やかな海から臨む江ノ島と富士山。そして遥かなる水平線。これが元気に産んであげられなかった私達にできる最善。

チビへの責任を私達なりに果たし、チビと共に新たな一歩を踏み出せたと思うと、なんとなくホッとしました。散骨にかかわるすべての事象と出会いと海に感謝。

チビ。いつかパパとママも海に還える日がくる。一足先に海からみなを護り、時にパパとママにも力を与えて。小太朗君。キミよりずっと小さいチビだけど出会ったら遊んであげてね。

▲上へ

2004年8月19日

小さな命の大きな存在・・・4(可哀想すぎて・・・3)

「チビちゃん」のご両親への手紙です。

「風の散骨」をご利用いただき、ありがとうございました。

「チビちゃん」の、ご冥福を心よりお祈りいたします。

あの日、私たち夫婦にとっても、特別な日になってしまい、私(船長)もいつになく、饒舌な落ち着かない状況で、大変失礼いたしました。

しかし、曇天が幸いし、ここ連日の熱さからも解放され、海況も散骨に申し分ない平和な海になりなした。「チビちゃんの散骨」時、Tさんご夫婦と勝手ながら、いつになく強い連帯感を共有致しました。

5年程前に私の父の遺骨を、相模湾へ還した時と同じ「無常観」と「諦めの感情」そして「これが大きな、一区切り!と自分に言い聞かせる。」という複雑な感情が蘇りました。「チビちゃん」と我が家の仔猫と一緒にするのは申し訳有りませんが、「小太朗」がいなくなり、私たち夫婦は、如何に「小太朗」の存在に癒されていたのかと、強烈な喪失感を痛感しています。

今朝、「小太朗」を火葬してきました。時期をみて、彼の遺骨を剣崎沖に散骨しようと、妻と決めました。名前も「剣崎小太朗」としました。元気な時、少年剣士を思わせる素早い動きと、そだちの良い少年を思わせる素直さと、愛くるしさを持つ仔猫だったからです。

剣崎は、ご存知のとうり弊社の事務所の目の前ですし、これからも散骨に出航すれば必ず目にし、その前を航行します。荒れると恐い海域です。「小太朗」に守ってもらいます。

自分たちの事ばかり、長々書いて申し訳ありません。実はTさんに、お願いが有ってメールしています。

私たちのホームページの「風の日誌」に、可能でしたらメッセージを頂きたいのです。Tさんも、この日誌を読まれているとは思いますが、私たちの日々の様子や、散骨された方々のメッセージを掲載しています。

ほとんどは匿名にしてありますが、承諾を得、原文に忠実に勝手に加筆したりせず載せています。多くのお客様が、散骨実施の決断のきっかけと、ヒントをもらったと仰っています。

もし、出来ますれば、お願いいたします。

追伸・・・もし「小太朗」が元気に天寿をまっとうできたら、その時は「私は75歳位になって・・・」と妻と話していました。小太朗を拾った夜のことです。

 オンディーヌ5   船長

▲上へ

2004年8月19日

小さな命の大きな存在・・・3(委託散骨)

彼女は、ずっと悩んでいたようだった。生まれずに逝ってしまった赤ちゃんの骨を、どうしたらいいのかと。子供と2人暮らしの日々の中で、いつもそのことが気になっていた。

また夏が来て、今年こそはと思っていた時に、「風」のホームページを見つけた。

子供も仕事もあり、船には乗れず立ち会えない。彼女は、マシュマロとボーロ、ミニチュアバイクにミッキーマウスのメダルと一緒にご遺骨を送ってきた。

小さな骨壷には、ほんの少しのお骨が、命があった証としてそこに在った。航君と名づけられていた。

合同散骨のその日、お母さんの希望どおり、「くるみ割り人形」の曲をかけ、ひまわりの花を添え、りんごジュースと共にお送りした。
短い短い、小さな命、心の中に占めるその存在は、とてつもなく大きい。

▲上へ

2004年8月19日

小さな命の大きな存在・・・2

8月16日、その日は、生まれることのなかった小さな赤ちゃんの散骨だった。

30代の終わりでやっと授かった命を失った悲しみは、ご夫婦にとって何ものにも変えがたく大きなものであったろう。

妊娠と同時にいろいろな夢が生まれ、ああしたい、こうしたいと話し合う2人は、どんなに幸せだったことか。そして一転、何が起きてしまったのか、なぜなのか、とても納得できることではない。

悲しく辛い日々が続き、夏になり、お盆が来た。2人は、ほんの少ししかない赤ちゃんの骨を海に還すことにした。

その日、海は夏とは思えない穏やかさ、美しさで、多めの雲が、暑さを和らげ、程よい風が気持ち良い日だった。この時期まれにしか見えない富士山まで見え、限りなく美しい水といい、これ以上の条件は望むべくもない散骨日和である。

本当に自然に、自然に海に還したいということで、音楽もかけず、静かに静かに、2人だけで、花を撒き、ミルクとカステラを捧げ、ご遺骨の行方を見守った。お母さんの羊水と海の成分は似ているという。海に帰ってほっとしているかもしれない。名前は・・・・・・・チビちゃんだった。

▲上へ

2004年8月19日

小さな命の大きな存在・・・1(可哀想過ぎて・・・2)

8月16日、ついに仔猫の「小太朗」が逝ってしまった。

明け方、4時前に船長が目を覚ました時、小太朗は私たちのベッドの前で、失禁したまま蹲っていた。私も飛び起きて小太朗を介抱したが、いよいよ危なそうで今日が峠かと思われた。目にも力は無く、体温も下がっていて冷たくなり始めている。

小太朗は、最後に私たちを求め、側に来ようとしていたのだ。元気な時も病気になってからも、いつも私たちの頭の間で寝ていたが、ここ2,3日はベッドの高さの上がり降りが大変なので、ソファーで寝かしていたからだ。
病気になってからは、特に側にいて撫で上げると安心して、喉を鳴らして喜んだ。そのときも、もう力がないのに触ってあげると、かすかに喉を鳴らしていた。

その日は、仕事(散骨)で早く家を出なければならなかった。しかし、帰ってくるまで小太朗は持ちそうも無く、残して出て行くのはためらわれた。最後まで側にいて看取ってやりたく、連れて行くことにした。

ケージに入れ、車に乗せると途中で何度か動き、「アーン」というような声をだした。そして、その後、途中寄ったコンビニの前で、息を引き取った。

死を宣告されてから2週間足らず、その間苦しむようなら安楽死も考えられたが、少しでも水を飲み、ご飯を食べ、動いている間は、生きていてほしかった。
幸い最後まで苦しい様子は見せず、半日前までは、食事の時間に皿の前まではやってきた。

8月18日、朝、小太朗を火葬した。前日は、友引だったり、ペットの火葬場が混んでいたりして出来なかったのだ。小太朗の体はあっという間に燃え尽き、ほんのわずかな骨が残った。近いうちに、うちの側の、そしていつも通る剣崎の沖に還してあげたいと思う。

▲上へ

2004年8月13日

可哀想過ぎて・・・1

大分前から元気がないのを心配していた小太朗、ついに不治の病を宣告されてしまった。あまりにも思いがけないその病気に、私たちはすっかり打ちの目されて、夏バテも手伝い元気がでない。

日に日に痩せて食が細くなっていく小太朗、もう余命は10日ないだろう。7月の下旬にお腹の寄生虫を駆除してから、どこといって悪いところは無さそうなのに、下痢だけが続き、仔猫らしくじゃれて遊ばないのが心配だった。先生に見せても別に変わったところはないということだったが、それでも異常なおとなしさに、再三診て貰い、検査の結果、猫伝染性腹膜炎ということだった。

発病したら、99パーセント死ぬという。原因や感染経路のよく分らない猫特有の病気で、ウィルスを持っていても発病しない方が多いらしいのだ。

お腹に腹水がたまり、それに反比例して身体は痩せ細り、家に来た時のように背骨がごつごつと尖ってしまった。手の施しようもなく、ただ見守るばかりだが、必死にごはんを食べようとお皿の前に座るのがいじらしくて、とてもまだ、安楽死など頼めない。一昨日は、新鮮なひこ鰯を刺身にすると3匹くらい食べた。でも、昨日は鯵をほんの一口食べただけで、今日はお気に入りだったキャットフードの汁をちょっと舐めるだけだった。

腹水を抜けば、多少楽になるかもしれないと思い、獣医さんで抜いてもらうが、辛そうに鳴くので、小太朗の体を押さえている船長も泣いてしまった。とても見ていられず、途中で止めてもらったが、何だか痛い思いだけさせてしまったようで本当に可哀想だった。

でも、まだ生きている、生きようとしている。とても心細いのだろう、私たちの側に居たがり、触ればゴロゴロ喉を鳴らす。そんな小太朗を心配しながらも、病気だと知らない小太朗のお母さんは、舐めたり尻尾にちょっかいを出して一緒に遊ぼうとしたりして、うっとうしがられる。

相変わらず、台所の猫の餌場は、8種類から10種類のごはんが並び、バイキング状態だ。4種類のドライフード、鯖の焼いたもの、鮭の焼いたもの、鯵の刺身、鮪の煮たもの、鶏の煮物、缶のキャットフード3種、残り物は、犬も最近食欲が落ちて食べない。

唯一、グリが元気を取り戻して、食欲があるのが慰めである。

▲上へ

2004年8月12日

暑い、あつーい真夏の一日

今年は、猛暑を通り越し、本当に酷暑である。その真夏の真昼、炎天下。でも夏、海、太陽、そしてジャズ。大人の休日である。

8月1日今年5回目の「水の上のジャズコンサート」、お蔭さまで心配された台風も過ぎ去り、熱中症で倒れる人もなく無事、盛況裡に終わった。

年々、人が増え、「風」で散骨をなさったご家族も群馬や八王子など遠くから来て下さり、とてもうれしい。昨年は、150名を超す人が集まり、後半食べ物が間に合わなくなったり、ソフトドリンクがなくなったりといろいろ大変だったので、今年は何もかも多めに用意しておいた。バーベキューも行列することなく、食べ物が行き渡るように、専門の人をお願いして、準備万端だった。

私たちは、前日からいつも評判の良い三浦産のキュウリやトマト、すいかなどを買い集め、その量に如何に冷やすか頭を痛めていた。大きなすいか7つに100を超すキュウリとトマトである。でもなんとかマリーナの小さなボートを借りて水を張り解決した。

マリーナのテントは、昨年壊れてしまい、ビーチパラソルは風が強く出せず、うちで用意した3つのテント以外は、陸沖のヨットやボートがやっと日陰を作っている。35度を超える暑さでも日陰を渡る風は涼しく心地よい。

今年も電通やアサツー、サントリーの協力でビールやお茶なども沢山集まり、お蔭で素晴らしいJAZZを聴きながら、冷えたビール、ワインで贅沢な夏の午後が送れた。

「風のアルバム」8月1日の写真も合わせてご覧ください。

▲上へ

2004年8月11日

荒川区のSさんからの絵手紙

 夏の花が描かれた絵手紙に、『父を迎えに、盆の入り』と毛筆で書いてあり、下記のお便りが添えてありました。

 

 もうすぐ旧盆、二回目を迎え、やっと父の写真を見ても涙しなくなって参りました。生前は小さな口げんかも時々したり、親子で旅行し、お人形を買ってくれた事を今、思い出したりしています。

 引き出しにある万年筆も、高校入学に祝ってもらったり・・・家中で船を借り、海へ行きハゼ釣りしたりと、懐かしく思い出しています。

 父の大好きなビール、供えて下さい。一緒に少しですが飲んで下さい。(サッポロビールの贈答券が同封されていました。)

 (長い追伸が便箋に書かれていました。)

 ご無沙汰ばかり申し訳ありません。海に居る父に会いに!と思いつつ、荒川から手を合わすばかり、本当にごめんなさい。静かに、いつも海を見、風さんに頼んでよかったと、今でも感じています。

 仏壇には、夏の盆、父の好きだった物を供え、家族で拝んで居ます。毎日のいつもの、お線香より多めにあげて。

 きっと今ごろ、父も海をながめ、大好きな釣りを思う存分し、私共を見守ってくれていると思います。本当に有難うございました。これからの御発展、希望しております。

 私も目が悪くなり(老化)、きっと父もそうだったんだろうなーと感じています。思いつくまま、乱筆にて失礼します。

 小さな旅を主人とし、もう父とは来れないね!と、又、想い出しています。

 「風」様に、お世話になり本当に有難う存じます。弟家族も喜んでおります。

▲上へ

2004年8月11日

Yさんからのお便り

 暑中御見舞い申しあげます。

 

 この度は、父の海洋自然葬にご助力をいただき、ありがとうございました。海辺で生まれ育ち、海が好きだった父にとって、最高の一日であったと思います。

 残された者達にとっても、あらためて「生命」を考えさせる良い一日でした。重ねて、ありがとうございました。

 Yさんに、掲載の承諾を得るべく電話しました。散骨の帰路、「俺は(散骨に)決めた!」とご主人が仰ったそうです。

▲上へ

2004年8月11日

トリッキーな台風10号の進路

今年の暑さは、猛暑を超え本当に酷暑。そして台風の上陸や局地的大雨、何か異常を感じる夏だ。でも、船長の母校旭川北高等学校が44年ぶりに甲子園に出るというのも驚きだが、グッドなニュースだ。

ところで、7月の最終日Yさんの散骨が、なんとか無事終わった。Yさんはかなり前から予約を頂き、7月28日が予定の日だった。親戚の方たちも青森から見えるということで、ホテルなども手配なさっていた。

しかし、心配していた台風に当たってしまった。この10号は、大型で速度が遅く、進路が普通ではない。いつもは南から上がって来て、本州を西から東、そして北上するのだが、今回は、東から西へ向かっているのだ。時速20キロから15キロでノロノロ動いている台風は、早くからその影響を海上にもたらし、うねりの高い日が続いた。

推定進路から、25日の時点で、28日か29日に最接近しそうという予報で、28日は実行できそうもなく、かろうじて30日にできるかどうかという状況だった。そこでYさんに状況を話し、30日に延期を決め、親戚の方のホテルやチケットの変更をお願いした。

しかし、台風はなかなか進まず、27日になると30日に最接近では、という予報に変わり、8月上旬まで延ばした方が良さそうに思え、再びYさんと相談するが、夏休みで混んでいるため、チケットももう変更は無理ということだった。結局、31日の午前中にできなければ、親戚の方はもうそのまま帰京し、こちらにいる人だけでやるしかないという結論になった。

せっかく兄弟の散骨のために、青森から休みをとって上京なさる皆さんや喪主のYさんのことを考えると、なる様になるという気には為れず、日に何度も天気予報を見、台風の動きを確かめ、海を見、落ち着かない時間が過ぎていった。

そして直前まで心配は続いたが、31日青空と蒸し暑さの中、多少のうねりはあったものの、皆さん揃って無事散骨を終わらすことができた。故人も本当にホッとされたことと思う。良かったー!

▲上へ

2004年8月1日

明るさに秘めた悲しみ・・・3

 故人の奥様から、お手紙を頂きました。承諾を得、掲載します。

 

 先日は、ほんとうにありがとうございました。

 海洋葬なるものを初めて経験いたしましたが、なんともすばらしい!そしてまだこのような散骨の方法を知らない方々にぜひ、もっと知って頂けたらどんなに良いでしょう。

 素敵な証明書を見てまた感激いたしました。そして、心温まるお手紙、ありがとうございます。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月