お客様の声・風の声
2020年8月

2020/08/03 スタッフの声 / 石垣島での散骨

2020年8月3日

スタッフの声 / 石垣島での散骨

7月7日に無事Hさんの散骨が終わった。10年以上も前からの約束で、先日遺品整理をしたHさんの石垣島川平湾での散骨だ。

川平慕情

先島諸島は晴天が続き、程よい風に暑さも気にならず雲はあったが、スコールさえなかった。沖縄は梅雨明けで台風前の一番良い時期「うりずん」にあたった。沖縄の島には20回以上来ているが、こんなことは滅多にない。だからいつもお天気が心配で日程も長めに組んでいる。
それが最初から素晴らしい天候で、熱帯の猛烈な蒸し暑さもなく、澄んだ青い空とエメラルドグリーンの海が素晴らしい。

Hさんは若い頃、年中石垣島に来て、ダイビングをしたり、泡盛を飲んだり、本当にこの島が好きだったようだ。酒盛り仲間と歌まで作り、皆で合唱し、「川平慕情」と名付けテープに吹き込んであった。私たちは彼の写真を持ちサンゴ礁の浅瀬を通り、彼がおっぱい山と呼んでいた二つのピークの山が見えると場所で彼の遺灰は碧い海に白く広がった。もちろん預かっていた「川平慕情」のテープを彼の遺品の小型テープレーダーで流し、ブルーの花と泡盛と焼酎とオリオンビールを海へ捧げた。私はHさんの思い出で胸がいっぱいになった。やっとこの海に帰って来れましたね。海の上は涼しい風が吹いていた。
その晩は七夕。私たちは、星を見に天文台の所まで行った。言葉に出来ないほどの素晴らしい星空。星の多さは勿論、輝きが違う。どの星も東京で見る金星の様に明るい。残念ながら天の川は見えなかったが圧倒される星空だった。

沖縄とコロナ

このコロナの中、地方へ行くのはなかなか大変である。しかし、運よく一度目のコロナの波がやや下火になった時で実行出来たのだが、今だったらとても無理だったろう。その時は、幸い観光客も少なく、どこでも歓迎してくれたが、私たちは多少心配だった。
散骨の次の日、ホテルの近くの評判のいいイタリアンレストランに行くと、予約は午後9時過ぎでなければ取れなかった。それで9時まで時間を潰し、レストランに行くとカウンターに通された。消毒をして椅子に座ると、前はビニールで覆われてはいた。お客さんが結構入っていて、注文してもすぐには出て来ない。そのうち、後ろのテーブル席の4人組が気になった。若い男女2人ずつで、男の人2人が盛んに大きな声で自慢話をしている。それは止めどもなく続き、私はコロナの事が心配でならなくなる。こちらも食べているのだからマスクは付けられない。換気は入り口だけである。料理が出終わると急いで食べて立ち上がった。お勘定を済ませ、お店の人にそれとなく言った、「もし、このお店がクラスターになったら、すぐ連絡をしてほしい」と携帯番号を渡した。
そして今
私たちが帰る日、石垣島に1人コロナ患者が出た。
昨日今日、沖縄では1日70人を超すコロナ感染者が出ている。島の病院はもう満床だという。高齢者も多い島である、楽しみたいのは分かるが、できれば出かけず節度を持って行動してほしいと思った。
それから帰りの飛行機の3時間、たくさんの3歳以下の子供たちが変わるがわる、また一斉にギャーギャーと物凄い声で泣き喚いていた。ゴルフをしに来た親子連れが多かったが、なぜ小さな子を連れてゴルフに沖縄まで行かなければ行けないのだろうか。もう2,3年待てないのだろうか。

▲上へ

 

目次

2020年08月
2020年07月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年06月
2018年05月
2018年02月
2018年01月

2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月