お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2008年11月

2008/11/07 生前に予約して
2008/11/07 献体、そして散骨
2008/11/07 高齢の三姉妹の決断

2008年11月7日

生前に予約して

愛媛県に住むM・Tさんは、「愛媛新聞」の記事を読み、すぐに生前予約を当社に申し込まれた。

高齢で身寄りが無く、入退院を繰り返していたため、すべてをきちんと決めておきたかったのだ。後見人は司法書士にお願いした。

それから1年半、こんなに早くお亡くなりになるとは・・・。司法書士の方から電話を頂き、依頼通り委託にて散骨する予定であったが、ご近所で懇意になさっていたKさんが、横須賀まで来て立ち会って下さることになった。

予定外ではあったが、彼女の死を悲しみ、最後を見送ってくれたことはとても嬉しいことだと思う。

 

拝復
証明書、写真、確かにお受け取りしました。

その節は親身にお世話いただき、誠にありがとうございました。謹んでお礼申し上げます。

M叔母さんも三浦海岸沖の大海原でサバサバした気分で喜んでいる顔が目に浮かぶ気がします。

思えば難病、難病の連続で・・・普通の者であれば、泣き言の多くを聞き及ぶところでしょが、頑固な性格も相まって、泣き言の一つの聞かなかった事を思い出して、立派な人だったなーと今さらながら思い、一段と寂しさを感じる今日この頃です。

もう痛みに苦しむ事もないから、安らかに眠れる事でしょう。

まずは、とりあえずお礼まで。

追伸
宇和島へ来られる事がありましたら、ぜひ、ぜひ・・・連絡下さい。後になりましたが、ご主人様にも大変お世話になり、あいにくの荒海にも安心して乗船する事ができ、厚くお礼申し上げます。宜しくお伝え下さい。

又、お会い出来ます事を楽しみにしています。

                          乱筆多謝

▲上へ

2008年11月7日

献体、そして散骨

献体から半年経ってSEさんのお姉さまのご遺骨が帰って来た。彼女は家族が無く、日頃妹のSEさんに献体と散骨をお願いしていた。

彼女が亡くなって、献体はしたものの、散骨はできるのかどうか分からず途方にくれていた。そんなとき、葬儀社のチラシに散骨のことが出ていて、早速電話したのだ。

 

本日は姉の海洋葬の様子を、お知らせ頂きまして有難うございました。

お手紙を読み、姉を偲び涙が流れました。姉が願っていた海に還ってさぞやあの世で安堵していることかとおもいます。

14枚ものお写真を何度も見返しながら、「風」様の細やかなお心使いを感じ、ありがたく感謝でいっぱいです。

再婚であった姉は、Y家のお墓に入ることをためらい、実子がいないので自分の死後をとても気に病んでおり、私に「もし先に死んだら骨は海に撒いて」と言っていました。

私の夫は、そんなことは法律で禁じられといると言い、私も夫の言葉を信じてしまっていたため、海洋葬のある事を知った時の喜びは神様に感謝致しました。

姉は生前知り得ていたなら、どんなに喜んで安心したことかと悔やまれますが、それも仕方のないことです。

四人姉妹の長女であった姉は、妹思いの優しい人でした。お人よしでその分騙されやすく、随分心配したものでした。でもそんな姉が大好きでした。

「風」様との出会いに、妹達と共に心から、心から感謝して居ります。本当に、本当にありがとうございました。

▲上へ

2008年11月7日

高齢の三姉妹の決断

70代のT・Sさんは6人兄弟であった。しかし、今お元気なのは、彼女を含む三姉妹だけで、長女は90歳を越えている。

横浜の納骨堂には、実家の両親、2人の兄、1歳で亡くなった姉の遺骨が納められている。そのうちお墓を作ろうと思いながら、いつの間にか3人とも高齢になってしまった。

元気なうちにと三人で相談し、散骨を決めた。納骨堂を整理しに行くと、大きな4つの骨壷の他に小さな箱があり、その中に1歳で亡くなった姉の遺骨の他に小さい袋が2つあり、一つには名前と戒名が書いてあった。それは祖母の遺骨だった。もう一つは分からない。

7名のご遺骨は、一緒に三浦の海に還された。家族の墓より、家族の海。広く明るい三浦の海がT・Sさん姉妹の家族の海になった。

 

今年は暖かな秋を迎えましたが、やっと朝晩は冷たくなってまいりました。

此の度の海洋葬にあたり、いろいろ御親切に御指導戴き、心より感謝申しあげます。二人の姉達も大変感謝しております。

今は、私を含め三人共々、船長ご夫妻に御世話戴きました事を心よりありがたく思っております。

長く中華民国の青海で生活しておりましたS家の皆々にとって、最後をヨットに送られ美しい花々と共に、海に還ることが出来た事を、喜んでいる事と想像致しております。

御二人様のご健康と御活躍を心より、お祈り申し上げております。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年10月
2017年09月
2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月