お客様の声(風の日誌)

散骨式などのエピソードを読める「風の日誌」を過去のものから全てを掲載しています。過去のものは右の目次からどうぞ。

2005年12月

2005/12/20 4回目の結婚記念日に
2005/12/19 来年からは明るく前向きに・・・
2005/12/02 Tさんからのメール

2005年12月20日

4回目の結婚記念日に

若くて、いよいよこれからという方の死は本当に悲しい。

11月も末の土曜日、それは正に今はやりの純愛ドラマのようだが、若い女性の散骨が葉山沖で行われた。そのまだ若い旦那様のお別れのスピーチで、その日が4回目の結婚記念日であることを知った。

彼女のご両親にとっても、それは本当に受け入れがたい辛い事実であったのだと思うが、その日、お酒を召し上がらなかったお穣様のために暖かいミルクティを作っていらして、それを献杯の代わりになさった。

晩秋の相模湾が穏やかに晴天で、紺碧の水が美しかったのは、せめてもの幸いだった。

御主人だった、Hさんから頂いたお便りを、承諾を得、掲載します。

このたびは、本当にありがとうございました。

とにかく妻の最後の願いをかなえてあげたいという思いだけで、右も左もわからないような状況でしたが、おかげ様で、ささやかながらも満足のいく海洋葬を執り行うことができました。

風の皆様には本当に親身に対応していただき、心より感謝いたしております。亡くなった者が戻ってくることはありませんが、私共も、そして妻も、きっと喜んでいることと思います。

重ね重ね、御礼申しあげます。

▲上へ

2005年12月19日

来年からは明るく前向きに・・・

今年の秋、御主人(享年81歳)の散骨をされたSさんから頂いたお便りを、承諾を得、掲載いたします。

主人が亡くなりまして、半年がすぎようとしています。

散骨の折にはいろいろと御配慮を頂き、本当に有難うございました。写真と証明書までお送り下さいまして、早くお返事をと思っていても、なかなかその気にもなれずに今日に至りましたことをお許し下さい。

結婚して五十数年あっと云う間の人生でした。今一人になって、幸せな部類に入るのだろうと思っています。散骨もあとに何も残さないSさんらしい、締めくくりだと云ってくださいました。

私共、残された家族も思い出を心の中に留めて、時折は主人を、そして父親を思い出して心のよすがにしたいと思っています。

残された人生を、いつまでもくよくよしないで、来年からは明るく前向きに歩んで行きたいと思っています。来年の一周忌には、気が向けば散骨の場所に出かけるのもいいんじゃないかと考えたりしています。

本当に有難うございました。心より御礼申し上げます。私もいつの日か、主人と同じように散骨をしたいと思っています。

どうぞ、よいお年をお迎えくださいます様に願っています。

▲上へ

2005年12月02日

Tさんからのメール

Tさんから頂いたメールを、承諾を得、掲載します。

早速写真を添付したメールを送っていただき、ありがとうございます。

すばらしいお天気は晴れ男を自負していた故人のおかげでしょうか。

波間に舞う花びらはとても美しく、海は青く深く・・・。暗いイメージのお墓とは全く違い、美しくおだやかな海が、形ある父の最後の場所になって本当によかった、散骨してよかったと思いました。

黒潮にのって世界中を旅することができ、父も喜んでいることと思います。

初めてのことばかりで不安もありましたが、思いどおりに父を送ることができたこと、心より感謝申し上げます。

船長様ほか、みなさまの丁寧で暖かい対応のおかげで、本当に満足のいく散骨ができました。お世話になりました。ありがとうございました。

▲上へ

 

風の日誌 目次

2017年04月
2017年03月

2016年07月
2016年05月
2016年04月
2016年01月

2015年12月
2015年07月
2015年06月
2015年04月
2015年02月

2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年03月
2014年01月

2013年06月

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年06月
2012年05月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月

2010年12月
2010年04月
2010年02月

2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年03月
2009年02月

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年06月
2008年05月
2008年03月
2008年02月

2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月
2007年03月
2007年02月

2006年12月
2006年11月
2006年09月
2006年08月
2006年06月
2006年05月
2006年02月
2006年01月

2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月
2005年05月
2005年04月
2005年03月
2005年01月

2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年09月
2004年08月
2004年07月
2004年06月
2004年05月
2004年04月
2004年03月
2004年02月
2004年01月

2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年09月
2003年08月
2003年07月
2003年06月
2003年05月
2003年04月
2003年03月
2003年02月
2003年01月

2002年12月
2002年11月
2002年10月
2002年09月
2002年08月
2002年07月
2002年06月
2002年05月
2002年04月
2002年03月
2002年02月
2002年01月